RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

多肉植物 銀月の成長写真と育て方

2013.02.26 Tue
1410.jpg


今回写真多めです。


さて、我が家に銀月さんが来たのが、

去年の9月。

それから、枯らすことなく成長してきました。


来た当初よりも、葉も増えてきています。

育て方のポイントは後で書きますので、

取り敢えず経過写真を。



まずは、購入時(2012.09)

1411.jpg

最初の写真も購入時のものです。

まだ、気温がかなり高いころに買ったので、

しおれています。



そして、一ヶ月後ぐらい(2012.10)

1437.jpg

1436.jpg

徒長ぎみと言われちゃぁ、徒長ぎみなんですがw

この辺りで銀月の育て方のポイントを結構真剣にしらべたので、

かなり元気になってきています。



そして、現在(2013.02)

DSCF1543.jpg

DSCF1545.jpg

DSCF1544.jpg

中心からかなりの新葉が成長してきていますし、

全体的にむっちりと力強くなってきています。



では、この銀月さんに関して、

どのようにお手入れをしていけばいいか、

私なりの経験則で書いていきます。

私個人の感覚ですので、

どの方にも適用されるかどうかは保証できません。

いろいろな環境によって変わると思うので、

その点ご了承ください。

何かのご参考になれば幸いです。


まず、この銀月さん、

寒い時期が成長期のようです。


色々ネットで調べたりもしてみたのですが、

寒くなりだしてから水あげの量を増やす、といったことが

多く書かれていまして、

冬型の植物のようです。


ですので、水やりに関しては、

・冬場は10日に1回ぐらい。

・夏場は、月に1回ぐらい。



こんな感じでやってみています。


じつは、最初の購入した1カ月ぐらいは、

ほとんど水あげしませんでした。

冬場が成長期だったり、

多肉植物は水はあげすぎると根ぐされしてしまったりという、

こういう情報を頭に入れていたので。


しかし、よくよく調べてみると、

何故か、、、

「植え替えの時には、根が乾燥しないように気をつける」

こういう注意事項を結構見かけるのです。


え?

じゃぁ、植えている最中も、

水分が常にある状態でいいのね?

って思ったわけです。


じつは、私はプラスチック鉢ではなく、

普通の素焼きの鉢を使用しているので、

土の乾燥が早いんです。


だから、最初のひと月ぐらいは、

砂漠のような状況に銀月を置いておりました。。。


どんどんしおれるわけです。


それからは、土の状態を確認して、

秋口ぐらいからは、水の量を増やしました。


多分、みずあげを始める時期が若干速かったんだと思います。

なので、徒長ぎみと。。


11月の終わりぐらいからがベストだったんではないかと。。


とりあえず、そこからは、

土がすべて乾燥しているようであれば水をあげる、

という方法にしたところ、元気に育っています。


多分、プラスチック鉢だと、

水やりの回数はかなり減ると思います。


土の状況を見ながら、判断されるといいと思います。


こんな感じでしょうか。


銀月さんは、

多肉植物の中でも、優雅で美しい、

和風のイメージが強い種類だと思います。

ネット上だと、結構売り切れで、

なかなか手に入らないかとは思いますが、

もしタイミング的に見つけられたら、

コレクションに追加されるのをお勧めします^^








●最後まで読んでくださりありがとうございます!
 ↓↓きたよ!読んだよ!の応援ポチっとしてくださると嬉しいです^^

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ





関連記事
スポンサーサイト


Category:多肉植物 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。